中学公民「政党政治と選挙のしくみ」

シェアする

スポンサーリンク

中学公民「政党政治と選挙のしくみ」についてまとめています。政党政治と選挙のしくみに関して、民主主義、政党政治、選挙の基本原則などにもふれています。それでは、中学公民「政党政治と選挙のしくみ」です。

民主主義と政治

民主主義とは、みんなで話し合い、決定するというやり方です。民主主義の政治には、国民主権や基本的人権、個人の尊重などが不可欠です。

スポンサーリンク

多数決と少数意見の尊重

  • 直接民主制…国民や住民が、直接話し合いに参加するやり方。
  • 間接民主制…代表者を選挙で選び、その代表者からなる議会で、話し合って物事を決定するやり方。議会制民主主義ともいいます。
  • 多数決の原理…話し合いで意見が一致しない場合、多数決の意見を採用すること。結論を出す前に、少数意見の尊重が必要。

政党と政治

政党政治

  • 政党…政治で実現したい理念を達成しようとする方針・政策について同じ考え方を持つが人々が作る団体。日本では、得票や議席に応じて国から各政党へ、政党交付金を交付。
  • 政党政治…議員が政党を中心に活動し、複数の政党が政策の実現を目指して行う政治。二大政党制が、議会の大半を占める二党制(イギリスなど)、三つ以上の主要政党が存在する多党制(ドイツなど)など。

政党の動き

国民の様々に意見を集約して、政治に反映させ、政治の動きや政策を国民に知らせる。

  • 首相…選挙で最大議席を獲得した政党または政党グループのリーダーがなるのが一般的。内閣を組織。
  • 与党…内閣を組織して政権を担う政党。
  • 野党…政策を監視・批判する政党。
  • 連立政権…複数の政党によって組織される政権。

日本の政党の動き

1955年以来、自由民主党(自民党)が政権を担当しました。1993年から94年にかけて、自民党以外の政党による連立政権が誕生。ニ大政党(民主党と自民党)と小政党(公明党、日本共産党、社会民主党、みんなの党など)への動き。2009年の衆議院議員選挙(総選挙)の結果、民主党中心の連立政権が成立。現在は、自由民主党と公明党の連立政権。

  • 政権公約(マニフェスト)…政権を担当した場合に実施する政策やその財源、目標の達成などを具体的に明記した約束。
  • 無党派層…好きな、また身近に感じられる政党を持たない人々、その判断が、選挙の結果に影響する。

選挙の仕組みと課題

選挙の基本原則

  • 普通選挙…満18歳以上のすべての国民に選挙権がある。日本国憲法で保障されるまでは財産・性別により無制限されていた。
  • 平等選挙…誰もが一人一票を持つ。
  • 直接選挙…国民が議員など直接選出する。
  • 選挙秘密…選挙無記名で投票する。

選挙制度

  • 小選挙区制…一つの選挙区で一人の代表を選ぶ。大政党の候補者が逮捕することが多く、議会で多数派を形成されやすい。
  • 大選挙区制…一つの選挙区で二人以上の代表を選ぶ。
  • 比例代表制…得票に応じて各政党の議席を配分。小選挙区制より少数意見が代表されやすいが、議会が小党乱立になることもあります。
  • 衆議院議員選挙…小選挙区制と比例代表制を組み合わせた小選挙区比例代表並立制を採用。
  • 参議院選挙…都道府県を単位とする選挙区制と全国一つの単位とする比例代表制で実施。3年ごとに半数を改選。

選挙の課題

棄権の増加…投票時間の延長で期日前投票に対する制度を整え、対応。

政治参加と世論

政治参加は、選挙で投票する以外に様々な方法があります。

  • 利益集団(圧力団体)…世界の目的を実現するために、政府や政党、議会などに組織的な働きかける団体。

世論とマスメディア

  • 世論…様々な問題に関して、多くの人に合意されている意見。
  • マスメディア…大量の情報を伝達する手段になる放送、新聞、出版などのメディア。世論を形成する。

公正な世論形成に向けて、報道の自由が尊重されること、マスメディアが正確な情報を人々に伝える協力をすること、また情報を受け取る側も、自分自身で考え、判断することが必要です。メディアリテラシー(マスメディアから発信される情報を様々な角度から批判的に読み取る力)を身につければならない。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク