【中1国語】野原はうたうの定期テスト対策問題

【中1国語】野原はうたうの定期テスト対策問題です。

  • 作者:工藤直子
  • 作品:詩集「のはらうた」→「野原はうたう」で取り上げられている4つの詩は、この詩集にある。
「野原はうたう」の4つの詩

  • 春→詩人:たんぽぽ はるか 新しい出会いへの希望を胸に、まい上がるたんぽぽの綿毛
  • 夏→詩人:かまきり りゅうじ エネルギーに満ちたかまきりの姿
  • 秋→詩人:のぎく みちこ 秋の夕日を背に風にふかれてゆれる野菊
  • 冬→詩人:けやき だいさく 枝にたくさんの小鳥をとまらせ、そびえ立つけやきの大木

確認詩の鑑賞の解き方・表現の技法

スポンサーリンク

野原はうたうの定期テスト対策問題

教科書の「たんぽぽ はるか」と「かまきり りゅうじ」の詩を読んで、次の問いに答えなさい。

問1
➊詩における文章のまとまりを何というか。漢字で書きなさい。
➋まとまりの数はいくつか。数字書きなさい。

問2
➊たんぽぽはるかの詩は、「あいたくて」が5回繰り返されているが、この表現技法の名前を答えなさい。
➋➊の表現技法は、どんな効果があるか。次の文の(   )に当てはまるように、考えて書きなさい。
「あいたい」とう想いの(   )を表す。

問3:たんぽぽはるかの詩の「・・・」の部分の名前を書きなさい。

問4:たんぽぽはるかの詩では、「あいたくて」以外にも会いたい気持ちが強く表れている部分がある。本文中から抜き出して書きなさい。

問5:かまきりりゅうじの詩の「おれのこころも~ひかってるぜ」とあるが、心が光るとは、どういうことか。本文中の言葉を用いて10字以内で説明しなさい。

問6:かまきりりゅうじの詩の「きまってるぜ」とあるが、何がきまっているのか。本文中から抜き出して書きなさい。

問7:次の文は、かまきりりゅうじの詩を説明した文である。(A)(B)にそれぞれどんな語が入るか。(A)が、語群から選んで、(B)は適切な言葉を考えて書きなさい。

「前半と後半とで、形や意味が( A )するように言葉を並べ、意味や音の面で( B )が生まれている、」
(語群)対応・対立・近似・同化・混同

野原はうたうの定期テスト対策問題解答

問1 ➊連 ➋2
問2 ➊リフレイン(反復) ➋強さ
問3 リーダー
問4 きょうも
問5 げんきだということ
問6 かまをふりかざすすがた
問7 A対応 Bリズム

コメント

タイトルとURLをコピーしました