中学歴史「室町時代(日明貿易や産業・村の自治)」

シェアする

スポンサーリンク

中学歴史「室町時代(日明貿易や産業・村の自治)」についてです。室町時代に関して、貿易、琉球王国、産業、村の自治などにふれています。それでは、中学歴史「室町時代(日明貿易や産業・村の自治)」です。

日明貿易

明は、漢民族がモンゴル民族を北に追い出し、明を建国します。倭寇は、西日本の武士や商人、漁民が集団をつくって貿易を強要。船をおそい、大陸沿岸をあらしたので、明がとりしまりを日本に求め、足利義満が禁じました。

  • 日本からの輸出…刀や銅、まき絵。
  • 日本への輸入…銅銭、生糸、絹織物、書画。日本の経済や文化に大きな影響をあたえました。
スポンサーリンク

朝鮮との貿易

  • 高麗…書物の印刷に金属活字を使い、わたを栽培。元に服属し、新しい技術を取り入れました。
  • 朝鮮国…李成佳が高麗をほろぼし、建国。ハングルという文字をつくるなど、独自の文化が発展。
  • 日朝貿易…朝鮮も倭寇の取りしまりと貿易を求めたため、足利義満は、日朝貿易を開始します。各地の守護大名らが綿織物や仏教の経典を輸入。

確認高校入試対策・社会「よく出る貿易史のまとめ」

琉球王国とアイヌ民族

琉球王国の成立

3つの勢力。12,13世紀、城(グスク)を根拠地とした豪族が勢力争いがおこります。14世紀には、北山(ほくざん)、中山(なかやま)、南山(なんざん)の3つの勢力が存在しました。

中山王の尚氏が、北山、南山をほろぼして沖縄島を統一しました。首里を都とする琉球王国を建てます。日本や中国、朝鮮半島、東南アジアを船を送り、産物をやりとりする中継貿易が栄えました。

蝦夷地(北海道)

  • アイヌ民族が古くから狩りや、漁、交易を行いました。
  • 交易…14世紀ごろ、津軽(青森県)の十三湊(とさみなと)の豪族の安藤氏がアイヌの民族と交易を行いました。
  • 蝦夷地南部に和人(本州の人々)が館を築いて進出。取引をめぐり、アイヌの人々は圧迫を受けます。15世紀半ば、大首長のコシャマインを中心にアイヌ民族が蜂起。和人勢力が勝利します。

産業の発達

農業の進歩

  • 二毛作が広がります。
  • 水車によるかんがい。
  • 肥料…牛馬のふんや堆肥(たいひ)の使用。収穫の増加。
  • 麻、くわ、あい、茶の栽培が広がりました。

手工業の発達

  • 絹織物…西陣(京都市)、博多(福岡市)
  • 陶器、紙、酒、油などの特産物。
  • 鍛冶(かじ)・鋳物業(いものぎょう)…刀や農具を進化させる。
  • 金・銀・砂鉄の採掘も進みます。

商業の発展

定期市が広く各地にうまれ、開かれる日数も増えました。取引には、宋銭や明銭を使用しました。

  • 馬借…物質の陸上輸送をあつかいました。
  • 問丸…運送業者をかねた倉庫業者

金融業の土倉や酒屋、商人や手工業者は、同業者ごとに座をつくり、武士や貴族、寺社にお金をおさめて保護を受け、営業を特選しました。港には、港町、寺社の門前には門前町が成長しました。猿楽師、傘はり、魚売り、紙すきなどの職人。このころは、商品をかごなどに入れて売り歩く行商が中心でした。

村の自治

有力な農民を中心にと呼ばれる自治組織をつくります。能魚用水路の建設や管理。燃料の飼料をとる森林の利用や管理などについて村のおきてを定めました。

土一揆

団結を固めた農民たちは、荘園領主や守護大名に年貢を減らす交渉をします。農民が土倉や酒屋などをおそって借金の帳消しをする求める土一揆をおこしました。幕府に徳政令を求めるものもありました。

  • ききん…15世紀には地球規模の寒冷期にあたり何度もききんがおこりました。ききに強い農作物や新たな品種の栽培などが進みました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク