中1理科「状態変化と温度の関係」要点まとめ

シェアする

スポンサーリンク

中1理科の「状態変化と温度」について、まとめています。「状態変化と温度」に関わる蒸発と沸騰についてと蒸留についてまとめています。それでは、中1理科の「状態変化と温度」をみていきましょう。

蒸発と沸騰

液体の表面で液体が気体に状態変化することを蒸発といいます。これに対して、液体の表面だけでなく液体の内部からも液体が気体に変わっていくことを沸騰といいます。

  • 融点…固体が溶けて液体になるときの温度。(例)水=0℃、パルミチン酸=63℃、エタノール=-115℃。
  • 沸点…液体が沸騰して気体になるときの温度。(例)水=100℃、パルチミン酸351℃、エタノール=78℃。
  • 純粋な物質…1種類の物質からできているもの。(例)水、エタノール、パルミチン酸、塩化ナトリウム、鉄。

純粋な物質の融点や沸点は決まっているので、物質を見分ける手がかりとなります。状態変化してる間は、温度が一定になります。

  • 混合物…いろいろな物質が混ざっているもの。(例)空気、食塩水、しょう油、みりん、ジュース、粘土。

混合物は、一定の融点や沸点を示されない、状態変化が起きている間も温度が変化します。

スポンサーリンク

温度変化

状態変化グラフ

状態変化グラフ

物質純粋な物質では、物質が状態変化するときの温度は決まっており、状態変化する間は温度が変わりません。

融点

固体の物質濃度上げたとき物質が液体になる温度。液体の物質の温度を下げた時。融点と同じ温度で物質が固体になる。

沸点

液体の物質の温度を上げたとき、物質が沸騰して気体になる温度。気体の物質の温度を下げた時、沸点と同じ温度で気体が物質が液体になる。

みりんを蒸留してエタノールを取り出す実験

<手順>

  1. 試験管にみりんをとり、弱火で加熱する。
  2. 3本の試験管アイウに液体を集める。
  3. 集めた液体を次のAからCのようにして調べる。

A…匂いを調べる
B…脱脂綿につけて、火をつける。
C…皮ふにをつける。

<結果>
試験管ア A(エタノールのにおい) B(長く燃える)C(冷たい感じがする)
試験管ウ A(においはしない)B(燃えない)C(ぬれて残る感じがする)

<考察>
加熱するとまずエタノールを多く含む気体が、次に水蒸気を多く含む気体が出てくる。

蒸留

蒸留は、液体を沸騰させて気体にし、それをまた液体にして集める方法。蒸留を利用すると、液体の混合物から沸点の違いによってそれぞれの物質を分けて取り出すことができる。みりんの実験では、エタノールの沸点が78℃で、水より低いため。初めに出てくる気体の中にエタノールが多く含まれている。

中1理科 化学分野復習

以上が、中1理科「状態変化と温度の関係」要点まとめとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク