中2理科「セキツイ動物の特徴まとめ」

シェアする

スポンサーリンク

中2理科「セキツイ動物の特徴まとめ」です。セキツイ動物のほか、動物全般についても触れています。入試でも頻出の単元の1つですので、しっかりおさえていきましょう。それでは、中2理科「セキツイ動物の特徴まとめ」です。

身近な動物の観察

身近な動物の観察は、身近にいる動物を観察・調査したり、本やインターネットを利用して調べます。

スポンサーリンク

動物のなかま

背骨があるかないかで大きく二つに分けられます。

  • セキツイ動物…背骨のある動物
  • 無セキツイ動物…背骨のない動物

セキツイ動物のなかま

セキツイ動物のなかまは、「子孫の残し方」「卵が育つ場所」「子の育ち方」「呼吸の仕方」「体の表面のようす」「体温の保ち方」でわけられます。

子孫の残し方

動物は、オスとメスが共同して子孫をつくります。

  • 卵生…卵を産んで、なかまをふやす。魚類・両生類・ハ虫類・鳥類。
  • 胎生…雌の子宮の中で、卵が育ち、子としても体ができて生まれる。ホニュウ類。

卵が育つ場所

  • 魚類・両生類…殻のない卵を水中に産み、水中で受精する。子は水中でかえる。
  • ハ虫類・鳥類…雌の体内で受精し、殻のある卵を陸上で産む。
  • ホニュウ類…卵は、雌の体内で受精し、雌の子宮の中で養分をもらって育つ。子は陸上で、生まれる、水中で生まれるものもいる。

子の育ち方

  • 魚類・両生類・ハ虫類…親は卵の世話をしない。水中に卵を産む魚類・両生類は、一回の産卵は多いが、親まで育つ割合が少ないです。
  • 鳥類…親が卵をあたためてかえす。親がかえった子のせわをするものが多い。
  • ホニュウ類…生まれた子はメスの親が出す乳で育てられる。

呼吸の仕方

  • 魚類…えらで呼吸する。
  • 両生類…子のときはえらで、成長すると肺と皮ふで呼吸する。
  • ハ虫類・鳥類・哺乳類…肺で呼吸する。

体の表面のようす

  • 魚類・ハ虫類…うろこでおおわれている。
  • 両生類…皮膚は湿っている。
  • 鳥類…羽毛でおおわれている。
  • ホニュウ類…ふつう、毛でおおわれている。

体温の保ち方

  • 変温動物…外界からの温度が変わるにつれて体温が変わる動物。魚類・両生類・ハ虫類。
  • 恒温動物…外界の温度が変わっても体温が一定に保たれる動物。鳥類・ホニュウ類。

セキツイ動物の特徴のまとめ

魚類 両生類 ハチュウ類 鳥類 ホニュウ類
子孫の残し方 卵生 卵生 卵生 卵生 胎生
卵が育つ場所 水中 水中 陸上 陸上 雌の子宮の中
子の育ち方 自分で食物をとる 自分で食物をとる 自分で食物をとる 親から食物をあたえられる 親の出す乳で育てられる。
呼吸のしかた えら呼吸 子はえら呼吸・大人は肺呼吸と皮ふ呼吸 肺呼吸 肺呼吸 肺呼吸
体の表面のようす うろこでおおわれている 皮ふはしめっていてうろこはない うろこでおおわれている 羽毛でおおわれている ふつう毛でおおわれている
体温の保ち方 変温 変温 変温 恒温 恒温
マグロ、コイ、サケ イモリ、サンショウウオ カメ、ワニ、ヘビ ワシ、カモ、ペンギン キツネ、クジラ

中2理科生物分野

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク