中3理科「太陽の要点まとめノート」

シェアする

スポンサーリンク

中3理科「太陽」についてです。太陽の表面のようす、日食や月食などにもふれています。それでは、中3理科「太陽のすがた」です。

太陽のつくり

太陽のつくり
太陽の地球から約1億5000万km離れた所にある高温の気体のかたまりで、自ら光と熱を多量に出す最も地球に近い恒星です。直径は約140万kmで地球の直径の約109倍、質量は地球の約33万倍の巨大なガス球で、表面温度は約6000°C、中心部の温度は約1600万°Cである。表面には黒点、プロミネンスなどがある。

スポンサーリンク

光球

丸く輝いている太陽の表面全体をいう。厚さ300から400kmの高温(約6000°C)のガスの層である。この光球面にいろいろな形や大きさの黒点が時々出現する。プロミネンスの紅炎ともよばれ、表面から噴き上がる高温のガスが炎のように見えるもので、高さは数万から数十万kmで、ときには、100万km以上にもなる巨大なものが現れる。

コロナ

太陽の光球をとり囲む彩層の外側のうすいガスの層です。その温度は約100万°Cといわれ、電波やX線、紫外線などが放射されている。ふだんは見られないが皆既日食で太陽面が月にかくされたとき、観察できる。

黒点

太陽の表面に見られる黒い斑点。表面温度より温度が低い(約4000°C)ので黒く見える。黒点が移動するのを観察していると、太陽は自転していること、太陽は球形をしていることがわかる。

フレア

黒点周辺で突発的に大量のエネルギーを放出して明るくなる現象。黒点付近には、地球磁場の数千倍の強い磁場があり、その磁場がねじれたりして、ひずみがたまっていき、たえきれなくなるとフレア(太陽面爆発)が起こる。同時に強烈なX線を放射して地球の電離層にあたり、短波通信障害(デリンジャー現象)を起こす。

オーロラ

極地方で見られる大気の発光現象。太陽から放出された帯電微粒子が、地球の電離層の中の原子・分子に衝突して発光する。

太陽のすがた

太陽は直径が約140万km(地球の約109倍)の高温の気体からできていて、多量の光を絶え間なく放出しています。

  • 黒点…太陽の表面に見られる黒いしみのようなものです。

太陽の表面のようす

表面の温度は約6000℃で、プロミネンス(紅炎:表面にのびる濃い高温ガス)や黒点が見られます。外側にはコロナ(高温、希薄なガス)が広がっています。

黒点の温度は約4000℃で、まわりに比べて温度が低いため黒く見えます。黒点の数が多いほど、太陽の活動は活発で、地球では電波障害が起こったりします。

太陽の表面の観察

<手順>

  1. 太陽投影板をとりつけた天体望遠鏡で、黒点の位置と形を記録紙にスケッチします。1週間くらい継続して観察記録をとります。
  2. 望遠鏡で直接太陽を見てはいけません。フィインダーのキャップをつけておきます。

<結果>

  • 黒点は東から西へ移動します。
  • 黒点は中央部から周辺部へ移動すると、縦長に見えるようにします。

<考察>

  • 太陽は地球からみて、東から西へ自転しています。
  • 太陽は球形です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る