【中1国語】竜の定期テスト対策予想問題

【中1国語】竜の定期テスト対策予想問題です。

3つのポイント
・三太郎の心情の変化に着目しよう(気が弱い微笑から気が弱そうな苦笑い)
・擬声語、擬態語を探してみよう。
・三太郎が理由を探そう。
スポンサーリンク

竜の定期テスト対策予想問題

教科書の竜の「ふと手を休めて前を見ると~体を眺めているばかりであった。」部分を読んで次の問いに答えなさい。

問1 「途方もなく大きなうなぎ」の「途方もなく」の意味として、適切なものを次のア~エより1つ選び、記号で答えなさい。
 ア意味がない イずぬけている ウ終わりがない エ引けをとる

問2 「きゃっとわめいて、飛びあがった」結果、樽やんはどうなったか、文章中から十六字で抜き出しなさい。

問3 「上の様子をうかがっておった」とありますが、その理由として、適切なものを次のア~エより1つ選び、記号で答えなさい。
 ア 自分が人気者かどうか心配だったから
 イ 自分が誰かが死んでいないか心配だったから
 ウ 自分の存在が人に気づかれたか心配だったから
 エ ずっと沼いなかればならないことが心配だったから

問4 「ところが、それがまたうわさになり」とありますが、「それ」の指す内容を、本文中の言葉を使って、四十五字程語で書きなさい。

問5 「幾巻もしている自分の巨大な体」とありますが、どれくらいの大きさなのか、本文中より十一字で抜き出しなさい。

竜の定期テスト対策予想問題の解答

問1 イ
問2 舟ごと岸にふぉっ飛ばされてしもうた
問3 ウ
問4 (例)三太郎がたまにため息をつくと、大きなあぶくが上がり、沼の周りの連中をあわてさせること。
問5 山を二巻もできるほど

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました