【中3国語】武器なき「出陣」の定期テスト対策予想問題

【中3国語】武器なき「出陣」の定期テスト対策予想問題です。

ポイント
・平田靱負の気持ちを読み取ろう。
スポンサーリンク

武器なき「出陣」の定期テスト対策予想問題

教科書の「武器なき「出陣」」の藩士たちは平田靱負のもと~献花の耐えることがない」の部分を読んで次の問いに答えなさい。

問1 「武士としての魂を強くもち続けて工事に取り組んでいった」について「武士としての魂」が込められた象徴として、現在も残っているものは何か、書きなさい。

問2 「事件はあとを絶たなかった」とありますが、一つめの事件は何だったのですか。書きなさい。

問3 「辛苦」と同じ内容を指している言葉を本文中から十六字で書き抜きなさい。

問4 「しばらくそこを動こうとしなかった」の「そこ」とはどこを指しますか。本文中から書き抜きなさい。

問5 「辞世の歌」に込められた平田靱負の気持ちとして、最も適切なものを次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい。
 ア 故郷を恋しく思う気持ちはあるが、帰ることができない身となり、残念でたまらない。
 イ 住み慣れた薩摩のことも気になるが、任務を全うするため美濃の大牧に身をうずめよう。
 ウ 住み慣れた薩摩が名残惜しく、美濃の大牧で立ち往生せざる得ない状況が心苦しい。
 エ 故郷である薩摩に帰ることなく、美濃の大牧でこの世を去ることが心残りで仕方がない。

武器なき「出陣」の定期テスト対策予想問題の解答

問1 日向松

問2 (例)疫病で、三十三人の藩士が亡くなったこと。

問3 筆舌に尽くせない多くの困難と犠牲

問4 油島千間堤

問5 エ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました