中学地理「世界地図のそれぞれの図法の特徴まとめ」

シェアする

スポンサーリンク

中学地理「世界地図のそれぞれの図法の特徴」についてまとめています。世界地図は、地球の表面を縮めて平面で表したもので、地球上の場所や、国の大きさ、形、方位、距離などを確認するのに使われています。世界地図には、面積が正しい地図、方位が正しい地図、角度が正しい地図などがあり、目的に応じて使い分けられます。

図法

世界全体の様子を平面の地図で表したものです。しかし、球のような形である地球の表面を平面の世界地図にそのままを表すことができません。地球儀のように距離、面積、形、方位などを一度に正しく表すことができないため、使う目的に応じていろいろな地図が作られました。

  • モルワイデ図法…面積が正しい地図
  • 正距方位図法…中心からの距離と方位が正しい地図
  • メルカトル図法…緯線と経線が直角に交わる地図
スポンサーリンク

面積が正しい地図

モルワイデ図法のほかに、サンソン図法、グード図法があります。おもに分布図として使用されます。

  • モルワイデ図法…サンソン図法より高緯度のひずみが小さい。
  • サンソン図法…高緯度のひずみが大きい。
  • グード図法…ほかの2つよりもひずみが一番小さいですが、海洋の部分がとぎれているため、使いにくいです。

距離と方位が正しい地図

正距方位図法が一般的です。直線が最短であるため、大圏航路で表されるため、航空図に使われます。しかしながら、中心以外の任意の2点の距離と方位は正しくなく、中心から離れるにつれて形がゆがみます。

角度の正しい地図

メルカトル図法が一般的です。メルカルト図法では、2点間を結んだ距離は等角航路を示すため、航海図として用いられます。高緯度にいくほど、面積と距離が拡大されていくデメリットがあります。

一般図と主題図

  • 一般図…山脈や川、湖などの地形、都市の位置などの基本的な情報を表しているものが一般図。国土地理院が発行している地形図や地勢図なども一般図です。
  • 主題図…特定のテーマに重点を置いた地図を主題図といいます。点で示したドットマップ、線で示した等値線図、円などの図形で示した図形表現図、地域ごとに色で示した階級区分図などが例です。

あわせて確認

以上が、中学地理「世界地図のそれぞれの図法の特徴まとめ」です。

スポンサーリンク

シェアする