中学公民「金融政策のしくみとはたらき」

シェアする

スポンサーリンク

中学公民「金融政策のしくみとはたらき」についてまとめています。金融政策は、日本銀行の4つの役割の1つです。それでは、中学公民「金融政策のしくみとはたらき」をみていきましょう。

金融政策

金融政策は、日本銀行が経済の安定を図るため公開市場操作(オープン・マーケット・オペレーション)預金準備率操作などで、通貨量を調整して、経済の安定を図ります。

スポンサーリンク

公開市場操作

公開市場操作(オープン・マーケット・オペレーション)は、日本銀行が有価証券(国債や株券など)の売買によって通貨量の調整を行う金融政策の中心です。

売りオペレーション

売りオペレーションは、日本銀行が、手持ちの有価証券を一般金融機関に売り、金融機関から通貨を吸い上げ、通貨量を減らす政策です。景気を抑えるはたらきを持ちます。

買いオペレーション

買いオペレーションは、日本銀行が、一般の金融機関から有価証券を買い、金融機関に通貨を流して、通貨量を増やす政策です。景気を活発にするはたらきを持ちます。

預金準備率操作

預金準備率操作は、日本銀行が、一般金融機関に預金の一定割合を預けさせる準備預金の割合を上下させて、通過量を調整する政策です。支払準備率操作ともいわれます。

日本銀行の役割

日本銀行が、政府が出資しているわが国の中央銀行です。日本銀行は、一般の銀行と異なり、個人や一般企業とは取引せず、政府(国)や銀行のみと取引をします。日本銀行は、日本の中央銀行として四つの大きな役割を持っており、「発券銀行」、「政府の銀行」、「銀行の銀行」、そして、今回の「金融政策」の実行です。

まとめ

<金融政策>
中央銀行が主に公開市場操作によって景気や株価に影響を与える。

  • 不況の対策…中央銀行が、国債(国の借入金の証書となる債券)などを買うことで金融機関の資金量を増やす。
  • 好況の対策…中央銀行が、国債などを売ることで金融機関の資金量を減らす。

あわせて確認

以上が、中学公民「金融政策のしくみとはたらき」です。

スポンサーリンク

シェアする