【中1国語】地域から世界へ(ものづくりで未来を変える)の定期テスト対策予想問題

【中1国語】地域から世界へ(ものづくりで未来を変える)の定期テスト対策予想問題です。

ポイント
・伝統工芸品の新たな需要をつなげた人たちの行動を知ろう。
・実際に、村瀬さんが行ったことをまとめよう。
スポンサーリンク

地域から世界へ(ものづくりで未来を変える)の定期テスト対策予想問題

教科書の地域から世界への「一九九二(平成四)年、日本で~と伝えています。」の部分を読んで、次の問いに答えなさい。

問1 「世界的にも貴重である」とあるが、どのようなことが貴重なのか。本文中から二つ、十二字と十六字でそれぞれ書き抜きなさい。

問2 「その方法として、絞りに使う素材を見直し」とあるが、何の方法ですか。本文中から二十三字で書き抜きなさい。ただし、記号や句読点もふくむ。

問3 「絞りの技法も工夫しました」とあるが、そのことについて説明した文の➊~➌の(  )にあてはまる言葉を本文中から書き抜きなさい。ただし、➊は二字、➋は五字、➌は六字とする。

(説明文)( ➊ )は、ポリエステルを使用する。そして工夫として、一度しわを寄せて( ➋ )をかける。結果として、( ➌ )に仕上がる。

問4 「その誇りを自信として」とあるが、どのような誇りですか。最も適切なものを次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい。
 ア 人々の要望に応えているという誇り。
 イ 各地の展覧会やワークシップを成功させたことへの誇り。
 ウ 「和」にこだわった製品を作り続けることへの誇り。
 エ 海外で通用するものを作っていることへの誇り。

問5 「発想の転換」とあるが、発想の転換としてあてはまるものを次のア~エより二つ選び、記号で答えなさい。
 ア それまで使っていなかったものを素材として使うこと。
 イ 海外に広めるために、ドイツに会社を作ったこと。
 ウ 展示会で技術を見せること。
 エ あえてしわを生かした製品を作ったこと。

問6 「世界を視野に入れて考えてみること」とあるが、村瀬さんが世界を視野に入れて活動した結果、どのような結果になったか。それを説明した文の➊~➋の(  )にあてはまる言葉を本文中から書き抜きなさい。ただし、➊は七字、➋は五字とする。

(説明文)世界の( ➊ )から注目され、需要の拡大につながったこと。そして海外からも、( ➋ )を志願する人が多く集まったこと。

地域から世界へ(ものづくりで未来を変える)の定期テスト対策予想問題の解答

問1 
・高い技術をもっていること
・産業として現代につなげていること

問2 有松・鳴海絞りを生かした海外での商品開発や宣伝

問3 ➊素材 ➋高温と高圧 ➌立体的な造形

問4 エ

問5 ア、エ

問6 ➊ファッション界 ➋絞りの研修

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました