【中学生用】地理分野の文章記述問題一覧

シェアする

高校入試対策・中学地理「文章記述問題対策」についてまとめています。実際に問題を解きながら、慣れていき、習得していきいましょう。近年、特に県立・公立入試ではよく出題されます。それでは、高校入試対策・中学地理「文章記述問題対策」です。

中学地理「文章記述問題対策」

世界地理編

  1. 夏に北極や南極に近い高緯度の地域で見られる白夜とはどのような現象か、「太陽」の語句を使って説明せよ。
  2. アラビア半島の人々の伝統的な衣服は、服が長そでで、たけが長くなっている理由を説明せよ。
  3. アンデスの人々は、高地の厳しい環境で暮らすため、衣服にどのような工夫をしているか、「寒さ」「紫外線」という語句を使って説明せよ。
  4. ある地域の女性たちは、全身をおおうような衣服を着ている。それは、なぜか理由を説明せよ。
    復習中学地理「世界の住居・衣服と食文化の変化」
  5. 東アジアから南アジアにかけての地域の気候について「雨季」「乾季」という語句を使って説明せよ。
    復習中学地理「三大宗教と生活のかかわり」
  6. マレーシアでは工業化によって輸出額が大穂場に増えています。東南アジアの国々が工業化を進めるために行ったことについて、「工業団地」という語句を使って説明せよ。
    復習中学地理「アジア州」
  7. ヨーロッパ北部でおこなわれている混合農業とは、どのような農業か、「家畜」という語句を使って説明せよ。
    復習中学地理「ヨーロッパ州」
  8. アフリカでは、現在でも民族間の争いが続いているところがあり、その原因の1つとなっているのが、植民地時代の境界です。なぜ植民地時代の境界が民族間の争いの原因となっているのか、説明せよ。
    復習中学地理「アフリカ州」
  9. スペイン語を話す人々がアメリカ合衆国に移住してくる理由を「出身国」という語句を使って説明せよ。
    復習中学地理「北アメリカ州」
  10. チリの経済の特徴を「モノカルチャー」という語句を使って説明せよ。
    復習中学地理「南アメリカ州」
  11. オーストラリアの輸出品の変化について、「かつては」に続けて説明せよ。
    復習中学地理「オセアニア州」

日本地理

  1. 鹿児島市の中学校では、エアコンの設置が早くから進められた。その理由を「噴火」という語句を使って説明せよ。
    復習中学地理「九州地方」
  2. 水島地区には、石油化学コンビナートが建設されています。1つの地域に工場が集まっている理由を簡単に説明せよ。
    復習中学地理「中国・四国地方」
  3. 琵琶湖の水質が1970年代から低下した理由を、人口や工場と関連付けて説明せよ。
    復習中学地理「近畿地方」
  4. 渥美半島で行われている菊の栽培方法を、「開花」という語句を使って説明せよ。
    復習中学地理「中部地方」
  5. 東京都千代田区の昼間人口が多い理由を「通勤・通学」という語句を使って説明せよ。
    復習中学地理「関東地方」
  6. 東北地方では、1970年代から出稼ぎ者数が減っている理由を「工業団地」という語句を使って説明せよ。
    復習中学地理「東北地方」
  7. 北海道では、さけが栽培漁業がさかんに行われています。この栽培漁業とはどのような漁業か、「放流」という語句を使って説明せよ。
    復習中学地理「北海道地方」
スポンサーリンク

解答地理編

世界地理

  1. 太陽が沈んでも暗くならない現象
  2. 強い日差しや砂ぼこりから身を守るため。
  3. アルパカの毛でつくった衣服を重ね着して寒さと強い紫外線を防いでいる。
  4. 女性は肌をみせないというきまりがあるから。
  5. 海から湿った風がふく時期には雨季となり、内陸から乾いた風がふく時期には乾季となる。
  6. 工業団地を整備して、外国企業を受け入れた。
  7. 小麦などや飼料作物を栽培し、農耕と家畜の飼育を組み合わせた農業。
  8. 植民地時代は、民族を無視して境界を設けていたから。
  9. 出身国よりも高い収入を得ることができるから。
  10. 鉱産資源の輸出に依存しているモノカルチャー経済です。
  11. かつては、農産物が中心であったが、現在は鉱産資源が中心医なっている。

日本地理編

  1. 桜島の噴火による火山灰が入らないように、窓をしめきることが多いから。
  2. 海外からの原料を輸入したり、工業製品を国内外に輸送したりしやすいため。
  3. 人口や工場の増加で、生活用水や工場排水が流れ込んだため。
  4. 電灯の光をあてて菊の開花を遅らせ、出荷時期を調整する。
  5. 多くの企業や学校があり、周辺地域から通勤・通学をしている人が多いから。
  6. 工業団地がつくられ、地元に働く場所が増えたから。
  7. 卵から稚魚を育て、ある程度成長した後に海や川に放流する。
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る