中学地理「世界国別の工業の特色」

シェアする

スポンサーリンク

中学地理「世界国別の工業の特色」についてまとめています。国や地域、また自然環境などからそれぞれの国の工業には特徴があります。それをつかんでいきましょう。それでは、中学地理「世界国別の工業の特色」です。

世界国別の工業の特色

スポンサーリンク

アジア州の工業

工業化と外国企業の進出が進んでいます。

工業の発達した国々…東アジア、東南アジアには韓国やシンガポールなど、工業の発達した国々があります。雑貨・衣類などから、高い技術力が必要な電気機械などを輸出する国へと発展しました。

近年、工業が発展したアジアの国

タイ、マレーシア、ベトナムなどでは、工業団地に外国企業を受け入れ、労働者が勤勉で賃金が安く、人口が多い国々に近いため、日本やアメリカ合衆国などの企業が進出しています。

東南アジア諸国連合(ASEAN) などアジアの国どうしの貿易が盛んです。自動車やパソコンなどの部分生産を国々が分担する動きが見られます。また、インドのIT産業など新たな産業もあります。

  • 石油資源が豊富な西アジア…サウジアラビア、イランなどは、豊富な原油や石油製品で経済発展しました。

中国の工業

1980年代から経済特区などが設けられ、賃金の安さに注目した外国企業の進出が相次ぎ、急速に工業化しました。「世界の工業」と呼ばれています。一方で、沿岸部と内陸部の経済格差が生まれています。

ヨーロッパ州の工業

イギリス、フランス、ドイツなどは、世界で最初に工業が発達した地域です。第二次世界大戦後、アメリカ合衆国や日本に対抗するため、航空機などの各国が共同して開発、生産しています。近年は、医薬品や情報通信機器などの先端技術産業も成長しています。

EU

国境を自由に変えられる仕組みとしてEUがあります。EU統合による生活の変化し、加盟国間では、入手国の手続きをなくす取り組みが進められています。輸出・輸入の際、税金がかからず、資格や製品の規格も共通です。共通のお金ユーロも多くの国で導入され、 EU内で人々や商品の移動が自由になり、産業や生活の向上を目指します。

EUの課題とこれから

地域内格差…東ヨーロッパ諸国など近年のEU加盟国は工業化が遅れ、所得が低い傾向があります。これらの国々がドイツやフランスで働きに来るため、ドイツやフランスでは失業者が増加。一方で、賃金の安い東ヨーロッパにドイツやフランスからの工業が移転する動きもあります。また EU加盟でユーロ導入を見送る国もあります。

アフリカ州の工業

金、ダイヤモンド、銅などの採掘は、ヨーロッパ諸国による植民地支配目的の一つでもありました。ナイジェリアやアンゴラなどでは、独立後に石油、天然ガスなどの開発をしています。近年では、最近の工業に欠かせないレアメタル(希少金属)をめあてに中国やインドなどの企業が進出しています。

北アメリカ州の工業

五大湖周辺の石炭や鉄鉱石を利用して、19世紀にピッツバーグで鉄鋼の生産が始まり、20世紀には、それを材料にデトロイトで自動車の生産が始まります。世界一の工業国になりましたが、20世紀後半になると日本などアジア諸国の工場の発達で、これらの生産は不振に陥ります。航空機・宇宙産業やコンピューターなど先端技術産業に力を入れるようになります。シアトルやロサンゼルス付近の航空機産業などです。

世界をリードする先端技術産業

アメリカ合衆国では、1970代以降、温暖で土地が安く労働力が豊富な賃金の安い北緯37度以南のサンベルトで工業が発達しています。また、サンフランシスコ近郊のシリコンバレーではコンピューター関連企業の中心地で、大学や研究機関(IC集積回路)工場やIT産業の企業が集積しています。

  • 五大湖周辺…鉄鋼業・自動車工業が盛ん。周辺で採れる石炭・鉄鉱石と五大湖、セントローレンス川の水を利用しています。
  • サンベルト…航空機産業が盛ん。広くて、安い土地であったこと、雨の日が少ないことなどを背景に発達しました。

南アフリカ州の工業

鉱産資源に恵まれた大陸で、ベネズエラの原油、ブラジルの鉄鉱石、チリの銅などは重要な輸出品があります。それらの進出のための鉄道・電力・通信などの施設、工業にも利用されるブラジルとアルゼンチンでは、1950年代から外国企業を受け入れ、鉄鋼や自動車などの重化学工業が発展しています。ブラジルでは航空機産業やコンピューター関連産業など先端技術産業が発達し、経済が急成長しています。

オセアニア州の工業

オーストラリアは、鉱山が豊富で北西部の鉄鉱石、北東部・南東部の石炭などは、地面を直接削る露天掘りによって、大規模な効率の良い採掘行い、鉄道で港に運んで輸出しています。原油、天然ガスは、各地の油田、ガス田からパイプラインで大都市へ送られています。日本にとって、オーストラリアの鉄鉱石、石炭、天然ガスは、重要な輸入品です。

あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク