【中2国語】名づけられた葉の定期テスト対策予想問題

【中2国語】名づけられた葉の定期テスト対策予想問題です。

3つのポイント
・連から連へ変わるときに、気持ちや決心のようなことがわかる。
・表現技法を理解する。
・人間は、自分だけの名前がある。夢や希望を持ち、困難や壁を乗り越えていくことが大切である。
スポンサーリンク

名づけられた葉の定期テスト対策予想問題

名づけられた葉の詩を読んで、次の問いに答えなさい。

問1 第1連では、ポプラの木を何にたとえているか、答えなさい。

問2 「あつい血の樹液」に使われている表現技法を答えなさい。

問3 「わたしは呼ばれる わたしがだけの名で 朝に夕に」に使われている表現技法を答えなさい。

問4 「だからわたし 考えなければならない」とあるが、なぜ考えなければならないと思うのか、詩の言葉を使って、書きなさい。

名づけられた葉の定期テスト対策予想問題の解答

問1 にんげん

問2 隠喩

問3 倒置法

問4 ポプラの葉と違って、わたしだけの名をもっているから。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました