【中1国語】星の花が降るころにの定期テスト対策予想問題

【中1国語】星の花が降るころにの定期テスト対策予想問題です。

「私」の心情の変化
・「私」は、銀木犀の花をきっかけにして、夏実と仲直りすると決めていた。
・ところが、夏実は「私」を無視し、「私」はぼうぜんとする。その場面を戸部君に見られ、気がかりである。
・「私は」一人でボールみがきをしている戸部君の姿を見て、自分の考えていたことが小さく、くだらないことだと感じる。
・戸部君は「私」のことを気づかい、声をかけてくれていることに気がづく。
スポンサーリンク

星の花が降るころにの定期テスト対策予想問題

「もう9月というのに~私より低かったはずの戸部君の背はいつのまにか私よりずっと高くなっている。」のところを教科書で読んで次の問いに答えなさい。

問1:「真夏日」の暑さが具体的に表現されている部分を二十六字で抜き出し、最初の三字を書きなさい。

問2:「戸部君を探した」ときの、戸部君に対する私の気持ちを文章中の言葉使って答えなさい。

問3:「一人ボールをみがいていた」戸部君の姿から私は、どんなことを感じ取ったか。次から選び、記号で答えなさい。
 ア;あわれさ イ;まじめさ ウ:みじめさ エ:ひたむきさ

問4:「自分の考えていたこと」とは、具体的にどのような考えか。三十字程度で答えなさい。

問5:「何を言われるか少しこわくなって」とあるが、私はどのようなことを言われると思っていたのか説明しなさい。

問6:「ああ、なんだ。」はどのように読むとよいか。次から一つ選び、記号で答えなさい。
 ア:起こっている様子 イ:不安な様子 ウ:落ち込んでいる様子 エ:ほっとした様子

問7:戸部君が作った短文について、戸部君はなぜ間違った短文を伝えたのか。戸部君の気持ちを説明しなさい。

問8:「私より低かったはずの戸部君の背はいつのまにか私よりずっと高くなっている。」からわかる私の思いを次から選び、記号で答えなさい。
 ア:戸部君の身体が急に伸びたことに気づき、とまどいを感じている。
 イ:戸部君は自分が思っていたよりも、精神的にも大人になっていたんだと気づいた。
 ウ:自分より大きい私にからんできたが、これでいろいろ言われなくなるのでうれしく思っている。
 エ:戸部君は身体が大きくなったので、細かいことは気にしなくなったのだと気づいた。

問9:戸部君の様子をみたり、会話したりすることで、私のきもちはどのように変わったか、説明しなさい。

星の花が降るころにの定期テスト対策予想問題解答

問1:毛穴と
問2:にくらしくてしかたがない
問3:エ
問4:なつみとのことをどこまで見られていたのかさぐろうという考え
問5:夏実との仲たがいのことについていろいろと言われると思った。
問6:エ
問7:落ち込んでいる私を笑わせようとしたから
問8:イ
問9:小さなことにこだわって思い悩まず前向きになろう

コメント

タイトルとURLをコピーしました