中学公民「裁判所のしくみ」

シェアする

スポンサーリンク

中学公民「裁判所のしくみ」についてまとめています。裁判所のしくみに関して、裁判の種類、裁判所制度、三権の抑制などにもふれています。それでは、中学公民「裁判所のしくみ」です。

裁判所の仕組みと働き

法の種類ついては、憲法や国が作る法律、地方公共団体が定める条例などがあります。法の役割は、人々の権利を守り、社会の秩序を保ち、社会生活の中での争いや犯罪を裁く基準となります。

スポンサーリンク

司法と裁判所

  • 司法…法に基づいて紛争を解決すること。司法の中心となる裁判の仕事は、裁判所が担当します。
  • 裁判所の種類…最高裁判所と下級裁判所(高等裁判所、地方裁判所、家庭裁判所、簡易裁判所)があります。

三審制

裁判を慎重に行いに、人権を守るため、同一の事件に対して3回目の裁判を受けられる仕組み。第一審の裁判所の判決に納得できない場合、第二審の裁判所に控訴し、さらに不服があれば上告できます。

再審

判決が確定した後、裁判の重大な誤りが疑われる場合に行われます。やり直しの裁判。

司法権の独立

裁判を担当する裁判官に対し、国会や内閣などの外部の力が影響をおよぼさないように、裁判官が自ら良心に従い、憲法及び法律にのみ拘束されるという原則です。裁判官の罷免は、①心身の故障、②国会議員による弾劾裁判、③最高裁判所裁判官に対する国民審査のみ。

裁判の種類と人権

民事裁判

私人の間の争いについての裁判。

  • 原告と被告…裁判所に訴えた人が原告。訴えられた人が被告
  • 行政裁判…国や地方公共団体を相手とって行う裁判

刑事裁判

犯罪行為について、有罪か無罪かを決める裁判。

  • 被疑者…罪を犯した疑いのある者。
  • 起訴…容疑のかたまった被疑者が、検察官が被告人として裁判所に訴えること。

裁判と人権保障

  • 裁判官の令状がなければ、原則で逮捕や捜索できない。
  • 拷問(ごうもん)などによる自白は証拠できない。自白の強要など行き過ぎた捜査を原因とする冤罪事件防止。
  • 被疑者や被告人に、黙秘権を認めている。
  • 有罪判決を受けるまで、被告人は無罪と推定される。
  • 被告人に、公正で迅速な公開裁判を受ける権利を保障する。

裁判員制度

裁判員制度は、国民が裁判員として刑事裁判に参加して、裁判官と一緒に被告人の有罪・無罪や刑の内容を決める制度。司法制度改革の一環として、2009年から開始。一つの事件を、原則として6人の裁判員と3人の裁判官を担当する。

  • 対象…殺人や身代金目的の誘拐など、重大な犯罪事件の第一審。
  • 裁判員…国民で選挙権ある人の中からくじで選出。裁判官とともに、審理(公判に出席して、証人の話を聞いたり、証拠を調べたりする)、評議(裁判官や裁判員どうしで話し合う)、評決(有罪か無罪か、有罪の場合にはどのような刑にするかを決定する)に参加する。

裁判員制度の定着に向けて

  • 裁判員制度の導入の狙い…裁判に国民の視点や感覚を反映させ、司法への理解と信頼を深めること。
  • 定着のための取り組み…法律用語をやさしく言い換えたり、議論をわかりやすく整理したりして対応。

司法制度改革

司法制度改革は、日本で、裁判が利用しづらいことや費用・時間がかかりすぎるという批判から進められている。利用しやすい裁判制度にするための改革。時間をかけずに裁判を終わらせるための新制度の創設や全国どこでも法による紛争の解決に必要な情報・サービスを受けられるよう、総合法律支援の仕組みを整備が大切。

三権分立

権力分立(三権分立)制は、国の権力が一つの機関に集中して国民の自由がおびやかされないよう、国の政治組織を立法、行政、司法の三権に分けること。それぞれを国会、内閣、裁判所が担当します。

三権の関係

三権が互いに抑制し合い、均衡を保つことにより権力の行き過ぎを防止。バランスの取れた政治が行われている。

  • 国会と内閣の関係…国会による内閣総理大臣の指名、衆議院の内閣不信任決議に対し、内閣による衆議院解散で、均衡がはかられています。
  • 立法権・行政権と司法権との関係…内閣による最高裁判官の指名、国会による裁判官の弾劾裁判、裁判所による法律などの違憲審査で互いに抑制。
  • 国民審査…最高裁判所の裁判官に対して、主権者である国民が直接、投票によって、任命の可否について審査すること。

違憲審査制

国会の作る法律や内閣が行う命令・規則・処分が憲法に違反しているかどうかを審査する仕組み。具体的事件を通して審査する。

  • 憲法の番人…法律など合憲か違憲かについての最終決定権を持つ最高裁判所のこと。
  • 違憲判決の例…議員定数の不均衡を違憲とする判決がある程度で、あまり多くありません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク