【中学理科】マグマの性質と火山の形の関係

【中学理科】マグマの性質と火山の形の関係です。

スポンサーリンク

マグマの性質と火山の形の関係

火山の形図解
マグマのねばりけと火山の形、色を見ていきましょう。

マグマのねばりけが弱い火山(盾状火山)

穏やかに溶岩を流し出す噴火が起こり、傾斜のゆるやかな形になる。火山灰や岩石の色は黒っぽい。たとえば、アウナロア、キラウエアなど。

ホットスポット
ハワイのキラウエア火山は海溝からも海嶺からも遠くはなれたところにある。このように、プレート境界と関係のないところで火山活動が起こっているところをホットスポットという。

マグマのねばりけが中間の火山(成層火山)

傾斜のきつい形。たとえば、浅間山、桜島など。ねばりけが中程度の安山岩質マグマの活動でできる。溶岩の流出と火山灰の噴出を交互にくり返してできる。富士山や浅間山などがある。

マグマのねばりけが強い火山(溶岩ドーム)

激しい爆発をともなう噴火が起こり、溶岩がもり上がって、おわんをふせたような形になる。火山灰や岩石の色は白っぽい。ねばりけの非常に高い流紋岩質マグマの活動でできる。非常に激しい爆発をしたり、火砕流を発生させたりする。昭和新山や雲仙普賢岳などがある。

マグマの固まった岩石

鉱物は、天然にある一定の化学組成をもつ物質で、火山灰やマグマが固まってできる岩石にふくまれている。

カルデラ

火山の山頂のくぼんだ地形で、直径2km以上のもの。噴火でマグマが出てしまい、陥没してできるものが多い。阿蘇山や箱根などがある。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました